HOME職種を知る > 鉄筋工

職種別キャラクター図鑑

建設現場で鉄筋コンクリートを作る際に、
鉄筋工事を専門におこなう技能者。設計図を読取り鉄筋を組立てます。

主な作業

  • 建物の土台(基礎)部分の鉄筋

    建物の土台(基礎)部分の鉄筋

  •  近年、多くの構造物に鉄筋コンクリートが使用されています。建物の土台(基礎)部分や、天井、床、梁(はり)、柱、壁など、そのほとんどに鉄筋が使われ、鉄筋工はそのすべての鉄筋工事に携わります。構造物の強度を上げるため、鉄筋コンクリートの中の骨組みを一本一本丁寧に結束し、より安全で丈夫なものにする重要な工程を担います。
     強固な鉄筋コンクリートを造るために必要な鉄筋量は、細かな計算から算出され、鉄筋の設計図が作られます。この設計図を基に、工場で加工された資機材(鉄筋など)を、建設現場の鉄筋工が組上げます。
     現場でも、鉄筋の切断、溶接などの加工をおこなう場合があります。「優秀な鉄筋工」に求められる資質能力は、結束のスピードや出来映えだけではなく、広い知識と技能です。真の熟練工を目指し、日々技に磨きをかけるのです。


  • 壁の鉄筋

    壁の鉄筋

  • 柱、梁の鉄筋

    柱、梁(はり)の鉄筋


使用道具

 鉄筋工の仕事は、設計図から仕上がりの配置関係を把握することから始まります。鉄筋コンクリートの強度を均一にするためにも、高い精度で鉄筋の間隔(ピッチ)や水平を測る「折尺」や「メジャー」は欠かせません。
 鉄筋を組む際は「ハッカー」で、交差する鉄筋を結束線で固定。結束線を切断する際は「番線カッター」を使います。

  • ハッカー

    ハッカー

     「ハッカー」は、鉄筋を組上げる際に、鉄筋の交差部分を「結束線(けっそくせん)」と呼ばれる針金で固定するための道具です。

  • 鉄筋結束機

    鉄筋結束機

     広い面積の鉄筋を、瞬時に結束できる「鉄筋結束機」です。結束作業をより効率的におこなえますが、複雑な形状の鉄筋はハッカーによる結束が必要となります。

  • 番線カッター

    番線カッター

     結束線を切断する際に使います。一般的なニッパーにも似ていますが、ハサミを使う感覚で、容易に金属を切断できます。

  • 結束線

    結束線

     鉄筋の交差部分を固定するための細くて軟らかい針金です。0.8 ミリほどの鉄線で、手で簡単に曲げることができます。

鉄筋の組立て動画

当事業の訓練講習で行なっている、鉄筋の組立てを30秒でみれる動画にしました。どのように組み上がっていくのかご覧ください。

「鉄筋工」に関連する特集記事

鳶(とび)・鉄筋・型枠コースetc.



トップページへ戻る

訓練や応募に関することなどお気軽にお問合せください。

お電話の方はこちら

03-5473-4589

9:00〜17:00 (土・日・祝を除く)

メールの方はこちら

お問合せフォーム

よくあるご質問

建設業未経験ですが訓練に参加できますか?
また、女性も参加できますか?

大丈夫です。訓練の参加者は建設業未経験者がほとんどです。また、女性の参加も大歓迎です。女性限

トップへもどる