HOME特集を見る > ヨビ知シキ 熱中症対策

 建設現場では、安心して働くための対策や、働きやすい環境づくりが進められています。「知っとこ!ケンセツのヨビ知シキ」では、普段あまり目にすることのできない、建設現場の取組みや施策、グッズなどを紹介します。
 本号では、夏によく聞く「熱中症」をテーマに、一部の建設現場で導入されている「熱中症対策」や今後普及が予想される「熱中症対策グッズ」をご紹介します。

 大風量の扇風機でミストを送り、気化熱により建設現場の体感温度を下げます。ホコリやニオイを軽減する効果もあります。

 熱中症対策には、水分・塩分補給も大切です。最近では、現場監督さんのアイデアで氷BOXを設置していたり、「かき氷」や「塩あめ」を配ったり、休憩中にシャワーを浴びられる建設現場もあります。体温を下げて、気持ちも体もリフレッシュします。



 作業着のなかに空気を送り、熱を逃がして身体を涼しくします。空調ファンが作業着に一体化しているものから、後付けできるものまで幅広くあります。

 脱水症状は頭が熱くなり起こるといわれています。つまり「頭を暑さから守る」ことが大事です。最近のヘルメットには、空調ファンでヘルメット内に風を送り、頭や首の熱を逃がし涼しくするものもあります。



 ウェアラブルデバイスは、腕時計やリストバンドなど、身体の状況をモニタリングできる情報端末です。建設現場で働く人たちの体温や心拍数、血圧などをリアルタイムで計測でき、体調不良なども未然に防ぐことができます。

 建設現場の湿度、輻射熱、気温などの数値から、暑さの指数(WBGT値)を測定する機器です。その日の熱中症への対策を事前に講じることができます。最近では、インターネットでWBGT値の実況と予測を配信しているITサービスもあります。

 建設現場では、安心して働くための対策や、働きやすい環境づくりが進められています。「知っとこ!ケンセツのヨビ知シキ」では、普段あまり目にすることのできない、建設現場の取組みや施策、グッズなどを紹介します。
 本号では、夏によく聞く「熱中症」をテーマに、一部の建設現場で導入されている「熱中症対策」や今後普及が予想される「熱中症対策グッズ」をご紹介します。


 大風量の扇風機でミストを送り、気化熱により建設現場の体感温度を下げます。ホコリやニオイを軽減する効果もあります。


 熱中症対策には、水分・塩分補給も大切です。最近では、現場監督さんのアイデアで氷BOXを設置していたり、「かき氷」や「塩あめ」を配ったり、休憩中にシャワーを浴びられる建設現場もあります。体温を下げて、気持ちも体もリフレッシュします。



 作業着のなかに空気を送り、熱を逃がして身体を涼しくします。空調ファンが作業着に一体化しているものから、後付けできるものまで幅広くあります。


 脱水症状は頭が熱くなり起こるといわれています。つまり「頭を暑さから守る」ことが大事です。最近のヘルメットには、空調ファンでヘルメット内に風を送り、頭や首の熱を逃がし涼しくするものもあります。



 ウェアラブルデバイスは、腕時計やリストバンドなど、身体の状況をモニタリングできる情報端末です。建設現場で働く人たちの体温や心拍数、血圧などをリアルタイムで計測でき、体調不良なども未然に防ぐことができます。


 建設現場の湿度、輻射熱、気温などの数値から、暑さの指数(WBGT値)を測定する機器です。その日の熱中症への対策を事前に講じることができます。最近では、インターネットでWBGT値の実況と予測を配信しているITサービスもあります。

一覧に戻る

訓練や応募に関することなどお気軽にお問合せください。

お電話の方はこちら

03-5473-4589

9:00〜17:00 (土・日・祝を除く)

メールの方はこちら

お問合せフォーム

よくあるご質問

建設業未経験ですが訓練に参加できますか?
また、女性も参加できますか?

大丈夫です。訓練の参加者は建設業未経験者がほとんどです。また、女性の参加も大歓迎です。女性限

トップへもどる