HOME資格を調べる > 足場の組立て等特別教育 修了資格

資格を調べる

足場の組立て等特別教育 修了資格 足場の組立て等特別教育 修了資格

足場の組立てってこんなこと

足場の組立てってこんなこと

  • ほとんどの建設現場で必要となる資格!
  • 高所で安全に作業するための設備!
  • 専用のネットなども張れて防塵・防音にも!
  • 工事が終われば解体して、違う現場で再利用!

みんなが働ける環境をつくる!

ほとんどの現場で必要となる!足場の組立て、解体の業務に携われる資格!

建設工事の現場に欠かすことのできない「足場」。高所で作業をする人が安全に仕事をするための仮設設備です。移動するための通路、落下防止の柵や手すりとなったり、専用のネットやパネルを張ることで近隣への防じんや防音などにも利用されています。足場は工事が終わると解体され、足場材としてまた別の現場の足場として利用されます。

みんなが働ける環境をつくる!

資格は足場の事を学んだ証!!

足場を組むのになぜ資格が必要なの?

近年、足場で作業をする人たちの安全に対する知識不足や、しっかりとした墜落防止措置が施されていないことなどから、足場からの墜落・転落事故が増加傾向にありました。そのため、現在は特別教育を受けた有資格者でなければ足場の組立て、解体作業をすることはできません。この資格は、足場作業に携わる一人ひとりが、足場に関する正しい知識を身につけ、安全な作業方法を学ぶことで、事故のない現場にするための証です。。足場は工事が終わると解体され、足場材としてまた別の現場の足場として利用されます。

資格は足場の事を学んだ証!!

さらなる高みへ

小型移動式クレーン&玉掛けの資格で、さらなる高みへ

さらに、「小型移動式クレーン運転技能講習」と「玉掛け技能講習」の修了資格を取得することで、クレーンを使った足場材の搬入出・積卸し作業まで、幅広く活躍することができます。

さらなる高みへ

この資格を取得するまでの流れ

座学

  • 足場及び作業の方法に関する知識
  • 工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識
  • 労働災害の防止に関する知識
  • 関係法令

座学のみ 合計6時間

修了証

講習修了後には
修了証を発行!

一覧に戻る

足場の組立てってこんなこと

  • ほとんどの建設現場で必要となる資格!
  • 高所で安全に作業するための設備!
  • 専用のネットなども張れて防塵・防音にも!
  • 工事が終われば解体して、違う現場で再利用!
足場の組立てってこんなこと

みんなが働ける環境をつくる!

ほとんどの現場で必要となる!足場の組立て、解体の業務に携われる資格!

建設工事の現場に欠かすことのできない「足場」。高所で作業をする人が安全に仕事をするための仮設設備です。移動するための通路、落下防止の柵や手すりとなったり、専用のネットやパネルを張ることで近隣への防じんや防音などにも利用されています。足場は工事が終わると解体され、足場材としてまた別の現場の足場として利用されます。

みんなが働ける環境をつくる!

資格は足場の事を学んだ証!!

足場を組むのになぜ資格が必要なの?

近年、足場で作業をする人たちの安全に対する知識不足や、しっかりとした墜落防止措置が施されていないことなどから、足場からの墜落・転落事故が増加傾向にありました。そのため、現在は特別教育を受けた有資格者でなければ足場の組立て、解体作業をすることはできません。この資格は、足場作業に携わる一人ひとりが、足場に関する正しい知識を身につけ、安全な作業方法を学ぶことで、事故のない現場にするための証です。。足場は工事が終わると解体され、足場材としてまた別の現場の足場として利用されます。

資格は足場の事を学んだ証!!

さらなる高みへ

小型移動式クレーン&玉掛けの資格で、さらなる高みへ

さらに、「小型移動式クレーン運転技能講習」と「玉掛け技能講習」の修了資格を取得することで、クレーンを使った足場材の搬入出・積卸し作業まで、幅広く活躍することができます。

さらなる高みへ

この資格を取得するまでの流れ

座学

  • 足場及び作業の方法に関する知識
  • 工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識
  • 労働災害の防止に関する知識
  • 関係法令

座学のみ 合計6時間

修了証

講習修了後には
修了証を発行!

一覧に戻る

訓練や応募に関することなどお気軽にお問合せください。

お電話の方はこちら

03-5473-4589

9:00〜17:00 (土・日・祝を除く)

メールの方はこちら

お問合せフォーム

よくあるご質問

建設業未経験ですが訓練に参加できますか?
また、女性も参加できますか?

大丈夫です。訓練の参加者は建設業未経験者がほとんどです。また、女性の参加も大歓迎です。女性限

トップへもどる