HOME資格を調べる > フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 修了資格

資格を調べる

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 修了資格 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 修了資格

フルハーネス型墜落制止用器具ってこんなこと

フルハーネス型墜落制止用器具ってこんなこと

  • リスクを回避する優れもの!安全性が高い「フルハーネス型」
  • 資格取得で高所作業が強みに!

機能を理解して安全確保!

フルハーネス型墜落制止用器具を使用した高所作業を安全に行うための資格!

高所での作業で、何より気をつけなければならないのが、墜落・転落による事故。これを防ぐために欠かせないのが「墜落制止用器具」の装着ですが、使い方や機能について正しく理解しておくことが重要です。2019年2月以降は、「フルハーネス型墜落制止用器具」の使用が原則となり、特別教育の受講も義務付けられました。資格を取得すれば、高さが2m以上の作業床を設けることが困難な場所での作業が可能になります。

機能を理解して安全確保!

リスクを回避する優れもの!!

安全性が高い「フルハーネス型」のメリット

フルハーネス型墜落制止用器具とは、肩、腿(もも)、胸などにベルトを通し、身体が墜落制止用器具から抜け出すことや、胸部・腹部を圧迫するリスクを低減することに優れた保護具です。
 また、宙つり状態でも逆さまになることを防ぎ、自然な姿勢が保てるのもメリットのひとつ。万が一、高所から足を踏み外しても身の安全を確保できます。

フルハーネス型墜落制止用器具

活躍の場を広げよう!!!

この資格を取得すれば高所作業が強みに!

資格の取得は身を守ることにつながるだけでなく、手すりのない足場の最上段や、急勾配の屋根の上など、場所を選ばず作業を行うことが可能になり、活躍するフィールドが広がります。

この資格を取得するまでの流れ

座学

  • 作業に関する知識
  • フルハーネス型墜落制止用器具に関する知識
  • 労働災害の防止に関する知識
  • 関係法令

実技

  • フルハーネス型墜落制止用器具の使用方法

座学4.5時間 実技1.5時間

修了証

講習修了後には
修了証を発行!

一覧に戻る

フルハーネス型墜落制止用器具ってこんなこと

  • リスクを回避する優れもの!安全性が高い「フルハーネス型」
  • 資格取得で高所作業が強みに!
フルハーネス型墜落制止用器具ってこんなこと

機能を理解して安全確保!

フルハーネス型墜落制止用器具を使用した高所作業を安全に行うための資格!

高所での作業で、何より気をつけなければならないのが、墜落・転落による事故。これを防ぐために欠かせないのが「墜落制止用器具」の装着ですが、使い方や機能について正しく理解しておくことが重要です。2019年2月以降は、「フルハーネス型墜落制止用器具」の使用が原則となり、特別教育の受講も義務付けられました。資格を取得すれば、高さが2m以上の作業床を設けることが困難な場所での作業が可能になります。

機能を理解して安全確保!

リスクを回避する優れもの!!

安全性が高い「フルハーネス型」のメリット

フルハーネス型墜落制止用器具とは、肩、腿(もも)、胸などにベルトを通し、身体が墜落制止用器具から抜け出すことや、胸部・腹部を圧迫するリスクを低減することに優れた保護具です。また、宙つり状態でも逆さまになることを防ぎ、自然な姿勢が保てるのもメリットのひとつ。万が一、高所から足を踏み外しても身の安全を確保できます。

フルハーネス型墜落制止用器具

活躍の場を広げよう!!!

この資格を取得すれば高所作業が強みに!

資格の取得は身を守ることにつながるだけでなく、手すりのない足場の最上段や、急勾配の屋根の上など、場所を選ばず作業を行うことが可能になり、活躍するフィールドが広がります。

この資格を取得するまでの流れ

座学

  • 作業に関する知識
  • フルハーネス型墜落制止用器具に関する知識
  • 労働災害の防止に関する知識
  • 関係法令

実技

  • フルハーネス型墜落制止用器具の使用方法

座学4.5時間 実技1.5時間

修了証

講習修了後には
修了証を発行!

一覧に戻る

訓練や応募に関することなどお気軽にお問合せください。

お電話の方はこちら

03-5473-4589

9:00〜17:00 (土・日・祝を除く)

メールの方はこちら

お問合せフォーム

よくあるご質問

建設業未経験ですが訓練に参加できますか?
また、女性も参加できますか?

大丈夫です。訓練の参加者は建設業未経験者がほとんどです。また、女性の参加も大歓迎です。女性限

トップへもどる