HOME特集を見る > 技 SKILL & QUALITY #02「左官工:塗り壁」

動画「技 ~技術と品質を継承する技~「左官工:塗り壁」

「左官工:塗り壁」

 壁や床などに鏝を使い、塗材を平らで滑らかに塗り、仕上げる左官職人。ミリ単位の厚さを均一に塗る「塗り壁」の技術は、何年もかけてその技術を極めていくのです。

取材協力:(一社)職人育成塾 斉藤興業(株)

使用道具

「鏝」(こて)

壁や床にセメント、モルタル、漆喰、珪藻土などを塗りつけるための工具、様々な種類が存在し、塗る場所や塗材によって使い分けます。

「塗り壁」の方法

実際にやってみると難しい「塗り壁」。職人は広い壁をリズムよく、素早く、そして美しく仕上げていきます。

STEP #01
大バケツと電動ミキサーを使い、セメントと砂を水で練り、壁に塗る材料(モルタル)をつくります。
モルタルを鏝板に盛り、鏝返し(鏝の上に材料を乗せること)をします。

STEP #02
上から下へ同じ方向に材料を塗っていきます。
材料の塗る厚さを均一に、かつ材料が乾く前に素早く伸ばしていきます。

STEP #03
材料を、より均一にしながら広い面積に塗り伸ばすために、横方向に移動しながら塗り仕上げていきます。
※今回紹介している「塗り壁」という技のSTEP、使用している材料は、あくまで一例です。



技術と品質を継承する「技」|「鉄筋工:結束」 技術と品質を継承する「技」|「鉄筋工:結束」

一覧に戻る

訓練や応募に関することなどお気軽にお問合せください。

お電話の方はこちら

03-5473-4589

9:00〜17:00 (土・日・祝を除く)

メールの方はこちら

お問合せフォーム

よくあるご質問

建設業未経験ですが訓練に参加できますか?
また、女性も参加できますか?

大丈夫です。訓練の参加者は建設業未経験者がほとんどです。また、女性の参加も大歓迎です。女性限

トップへもどる